スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

モンスタードラゴンの攻略 2 

ハンゲー組が流入してから早ひと月。

いまだに、何にも分かっていない動きをする人が大勢居ます。


手軽に出来るということで、攻略しなくても手軽に勝てるんでしょ?
くらいに思っているのかもしれません。
しかし残念ながら4チームある限り、同じ戦い方をすれば勝率25%になるのは必至です。


今回は、攻めるべき場所(時)、攻めてはいけない場所(時)、退却しなければならない時について。

Case 1
サイドを攻めていて残りひとつの鉱床となったとき、
1人で落とせるというのに
なぜか3,4人でワラワラ集まって殴ろうとする。

断言できますがこの行動は、間違いです。

恐らくそのうち1人最もクリスタルを保有している人が居るはずです。
その人に回収してもらえばいいだけのこと。
他の人たちは、反転するか中央に加勢するか、敵が来ているのであれば迎撃して
鉱床を回収する人が安全に回収できるように動かなければなりません。

そういう1ターンの無駄な行動がをする人は、他のときでも無駄な行動をして
結局5,6回無駄なことをしている可能性があります。
30秒×5,6回=3分くらい?
と思うかもしれませんが、行動のためにクリックをしたり、迷ったりするのを考えると
5,6分は無駄にしていることになります。

非常に無駄ですね。


Case 2
敵が3国とも時計回りで攻めているとき、
なぜか初心者の人ほど反時計に攻めようとする人が居ます。
恐らく、少しでも活躍してやろうという思いからかもしれません。
その思いはとてもすばらしいのですが行動が伴っていないようです。

一部の人が3国と反対に攻めようとすると本隊の戦力が不足して
攻めきれなくなったり、反対に攻めても多勢に無勢でやられてしまったり…
結局自国のクリスタル量が一番少ない…つまりビリになっていることも
多いようです。

しかも残り6分、自国がビリの状態で迎撃しようとする人もいるのです。
トップの国を覆さないと勝ちはない、というモンドラの基本仕様さえも
理解していない証拠です。

モンドラは手軽に遊べても、手軽に勝てるゲームではないのです。


Case 3
終盤でなぜかクリスタルホルダーがサイド回収確定していても
サイドに居座ろうとするクリなしがいます。

終盤は特に火力と瞬発力が必要です。
でないと、できるだけ多くの鉱床を取ることが出来ないからです。
100くらいのクリ持ちやクリなしは最後の最後まで鉱床を
狙い続けないと勝てません。

クリホルの正しい動き方としては、実は終盤2:20ころから
逃げるというのが正しかったりします。(2:20あれば4回逃げのターンに費やせます)
逃げることでメリットがあります。
・万が一追ってくる敵が居ても、
逃げ切れるのであれば援護を必要をすることなく逃げ切ってしまう。
(それによって敵の戦力を人数分削ぐことができる)
・クリホルの援護を必要としなくなるため、他の低クリ、クリなしが
NPCなど終盤大事なところを攻める要員にまわれる。

クリホルは逃げることで自国の戦力を鉱床制圧に傾けることが出来ます。
そうすることで低クリが敵側の400NPCを制圧する可能性が高まります。
(とはいえ、絶対にとってもらわないと困るんですが。)
万が一400クリ持ちが敵NPC400を落としてやられたとしても

NPC落とす(自分600+自NPC200)

敵にやられる(敵300:自分300+自NPC200)

結果100のプラスになるというくらい終盤の鉱床とNPCの取り合いは重要です。
ですから400c持ちが終盤で敵の400NPCを確実に落とせるなら
叩くのも(敵にやられるリスクがあっても)アリです。
現状で、敵側のNPCが400残ってることが多いので、
あの400NPCを落とすか落とさないかは大きな違いがあります。

現状でこの動き方がまったく出来ていません。
鉱床やNPCを落とすのには仲間と協力しても2,3ターン必要です。
だから残り2:20で逃げ始めないと間に合わないんです。
自国が攻撃に回りつつ、クリホルが残り逃げ切る判断をする
ギリギリの時間。


もちろん、サイドを攻めていて敵が迎撃に来ていないのであれば、
最後までクリホルがサイド回収のため張り付くのが正解です。


そして問題は、この判断を各自がその場で出来ないと意味がないということです。
軍師が指示出してくれるんでしょ?と思う人もいますが、
チャットのラグには10~15秒の遅れがあるということを忘れずに。

毎回軍師の指示待ちでは、終盤になるころには
上手く戦っている敵国から1,2分は遅れてしまいます。


全員が頭を使わないと勝率25%の壁を越えるには運に頼るしかない、
ということになってしまいますね^^


モンドラがもっと戦略的なゲームなんだと知って欲しいです。

モンスタードラゴン 初心者向け講義 

モンスタードラゴンは数が「力」となるゲームです。

HPフルMAXの、4人対1人では、
一人側がどんなに強いカードを持っていても、
4人のほうが勝つということです。

更に、ひとつの鉱床を攻めるにしても、
1人で攻めると平均5ターンかかりますが、
2人で攻めれば平均3ターンで倒せるわけです。

そんなこと分かってるよ!と思う、
初心者さんやハンゲームからの新規組さんがいらっしゃると
思いますが、本当に実行できていますか?


Case 1
開幕に、適当にサイドを決めて両サイド攻めをしていませんか?
西へ行ったら、敵の動きを見たら実は東の方が良さそう
でももう、西へ向かってしまってるからいいや!このままいっちゃえ!

この行動が危険です。
1人でサイドを攻めて、どれだけの効果が得られるでしょうか?
サイド反転してきて、本隊が到着する頃にやっと二つ目の鉱床に
手をつけるとかそういうペースでしょう。
下手をすると敵のサイド組みに撃破されて何のためにいったのか
分からなくなることもあります。

それならいっそ、
サイドに攻めるメンバーでどちらに行くかチャットで決める。
もしくは、自分が全体の流れから違う方向へ行っているなら
中央または皆と同じサイドへ引き返す。その方が、
よっぽどあなたの戦力をチームに活かせる動きになっています。


Case 2
開幕に、無事中央を二つとも取れた。
500獲得した人はサイドへ向かい、途中でNPC回収できるなら取ってしまう。
そしてサイド奥から回収していく。

そして、中央ですが。
この時点で中央は両方向に分かれて攻撃していませんか?
10人いるのに5人、5人にわかれて敵を攻撃していませんか?
でも敵は10人でこちらに攻めてきているわけです。
グダることは出来たとしても、勝てるでしょうか?
結局両方向攻めることが出来なくて負け…
10人の戦力をもって、中央の片側方向をガン攻めしたほうが
NPC2つ取れる上に中央の奥側まで取れる可能性があります。

チャットで、どちらサイドへ行くか決めることで
それにあわせて中央もサイドにあわせた方向へ攻めて行く。
なぜなら、中央とサイドが攻める方向を合わせていると
万が一サイドに居るクリスタルホルダーが狙われても、
NPCに居るメンバーがすぐ反応できるからです。

今は、全チームがぐちゃぐちゃな動きになっているので
なんとかバランスが取れていますが、
たまに熟練者が集まったチームがいると十中八九
断トツ勝ちしています。

そう、結局は、「チャットで戦力が分散しないように動く」
これがモンドラの基本中の基本なのです。
厳しい言い方をするのであれば、
チャットは無言
指示にも従わない
クリスタル獲得、保有、維持するための動きをしない。
この3つを兼ね備えた人は、モンドラ辞めてもらって結構です。

モンドラは、チーム戦です。
バイトや、部活などと一緒です。
サッカーで1人がまったく役に立たなかったらどうなりますか?
バイトで、1人がいつもおしゃべりばかり、何もしなかったら?

分かりますよね?

モンドラは他のゲームに比べ
社会生活と規範が一致するところが多いのです。


9月にご新規さんが増えてからというものの
500くらいのクリスタルを持って倒される。
クリホルが狙われて、落ちる。
無言
集団で行動しようとしない。
そういうユーザーが激増しています。
残念ながらハンゲーム流入がそういう現象を生んでいるわけですが

とは言え、初心者さんは分からない部分が多いと思うので
とにかく攻略サイト(wiki等)みて予習をしてください!
そして、熟練者は戦場で初心者にどんどん教えていきましょう。

そうして一日でも早く、この混沌とした状況を抜け出しましょう。

モンスタードラゴンの攻略 1 

モンドラでの距離感のお話。


人間にはパーソナルスペースというものがある。


他人に近付かれると不快に感じる空間のことで、パーソナルエリアとも呼ばれる。一般に女性よりも男性の方がこの空間は広いとされているが、社会文化や民族、個人の性格やその相手によっても差がある。

一般に、親密な相手ほどパーソナルスペースは狭く(ある程度近付いても不快さを感じない)、逆に敵視している相手に対しては広い。

Wikipediaより抜粋

つまりそのスペースに入ると不快感や、敵対心が沸くエリアのこと。

モンドラでは

「!! あの人!!攻めてくるかも!?」
「!! あの人を倒せば有利になるかも!?」

と思わせる距離感のようなもの。



例えば、

既に敵が3人いるところへ自分がサイドへ侵入するときに
できたらpvpしたくない。
でも出来るだけ早くサイドへ侵入したい

と、考えるとき
3人が敵陣へ戻るまで、自分はどこで待機しなければならないのか?
という距離感を、掴んでいますか?

というのが本題です。



初心者は間違いなくどんどん突っ込み3対1でやりあって落とされるわけです。

ここでデメリットが2つ出てきます。

・自分がやられて本拠地に戻されること
・敵がその後も、サイドに滞留する可能性が高まってしまったこと。

自分が、敵との距離を保ってサイドに誰も居なくなるまで待てば
2ターンで進入することが可能になるかもしれないのに、
闇雲に突っ込むことで5,6ターンと留まらせてしまう結果を
招いてしまうのです。

そして、敵が自陣に引きはじめたときも
どこを攻めるかで敵が引き返してくるかどうかが決まってくる。

答えを書くと、
進入前も侵入後も、2歩前で待機
です。

サイドの場合この距離を保てば、
敵とpvpせずにすんなりサイド回収が出来るようになることが「多い」です。



これは中央でも一緒。

敵中に突っ込んで引っ掻き回すのがいいのか?
前線を保って、仲間とともに手前の敵を集中砲火するのがいいのか?
もしかしたらそのあとの戦況がガラッと変わってしまうかもしれない判断なのです。


突っ込むのは、自分が集中砲火を食らうことになります。
つまり

高クリスタル所持の敵を仕留めたいときだったり、
その後に自分の戦力が欠けても大丈夫な戦況だったり、
残り時間が少ないときだったり

そういう時でないと、無駄死にします。


前線を保つのは、自軍が進軍したいときです。

背後に敵が迫っているときや
目の前の敵の更に奥の鉱床を狙いたいときなど

自軍の戦力を保ちつつ進軍したいとき前線を保つ必要があります。





細かく突き詰めていくと、

例えば、

自分    鉱床





      敵

この配置の場合、

鉱床の北側に移動して攻撃するか?
南側に移動して攻撃するか?
によっても、敵がこちらに来るかどうかが決まってくる微妙な距離のときもあります。

初心者の方には感覚が掴みにくいかもしれませんが
こういうことを意識して動けるようになると、
攻め時と、攻めてはいけない時の違いが分かるようになると思います。

違いの分かる大人になりましょう。


モンスタードラゴンが上手くなるために 

必要なこと

参考サイトはこちら
VIPでMONSTER×DRAGON
http://wikiwiki.jp/vipdemondora/?FrontPage

他のサイトは、見なくてもよろしい。

カード情報等は他のサイトがいいが、遊び方等は上記サイトで全て補える

大は小を兼ねるというわけ。

表向きはVIPによるサイトなので文体が独特ですが

書いてある内容は、いたって正論。



とにかくメニューを上から順に、一文字残らず熟読して戦場に活かせれば


あなたも数日で熟練者に追いつけます!


初心者の方は必読です。


以下、ググッたときに引っかかるための用語たち

モンドラ
MONSTER×DRAGON
攻略
初心者
上手くなるために
上達

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。