スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

モンスタードラゴン 初心者向け講義 その2 

今回は、勝ちに向かうために、です。

以前も書きましたが、
モンスタードラゴンは数が「力」となるゲームです。
いくら自分がいい判断で単騎で敵陣に突っ込んでも負けてしまいます。

つまり、自分の周りに仲間がいない状態は、攻撃力も低いですし
敵に落とされてしまうこともあるということです。
まったくいいことがありませんね^^

人は、ある事の熟練度が増してくると簡略化した動きで
スムーズに動くことが出来ます。
例えばアクションゲームの熟練者の動きって無駄がないですよね?
初心者の方はそれをやりたいと考えると思いますが、
それはまず、基本が出来てからの話です。


ではモンドラに置き換えてみましょう。
Case.1 何も言わずに攻める方角を一致させる
Case.2 何も言わずに標的を一致させる
Case.3 何も言わずに攻撃のタイミングを一致させる
Case.4 何も言わずにその場から離れる人、留まる人が分かっている
Case.5 何も言わずに誰が、いつ、迎撃をするべきか分かっている
Case.6 本隊と逆のサイドを1人で攻めていない
Case.7 暗殺をする


これらは全部、基本があってそれが出来ているチームは
「何も言わずに」こなすことが出来ます。
その基本というのは・・・ほとんどの人はもう分かりますよね?

声を出す

ということです。
なんだそんなこと、と思う人もいるでしょう。
じゃあ今の戦場でこれが全部完璧に出来ているチームってどれだけあります?
多分ですが、最上位ギルドだけでしょう。
それどころか最上位ギルドでさえあっても、
「○○人足りない」とか「○○いく」とか声に出しながら
鉱床を獲得していくことも多いです。

また、あらかじめやることを決めてそれだけをやるのなら
何も言う必要はありませんね^^;
ギルドであれば可能かもしれません。
ただ、例外が出ると一気に崩れてしまいます。

声を出すことで、鉱床を確保できます。
つまり基本によって、鉱床を確保できるのです。
基本なくして、「勝つ」つまり00:00の時にクリスタルを一番持つことは出来ないのです。


Case.1 何も言わずに攻める方角を一致させる
Case.2 何も言わずに標的を一致させる
「サイド東」とか「中央反転しよう」とか言う人は
理由があって言っています。
しかも熟練者であることが多いです。
初心者の人は、まずそれに従って孤立しないようにしましょう。
初心者の人は、活躍したいと言う立派な考えから単騎で遊撃をしがちですが
そこはグッと抑えましょう(笑)

単純な判断の方法としては、
目の前に敵が4人、自分の周りに(自分含めて)3人の時は
負けと考えてみましょう。
じゃあどうしたら敵よりも数で優位に立てるのか?
考えてみましょう。
まずは、「どっち攻撃する?」と聞いてみましょう。

Case.3 何も言わずに攻撃のタイミングを一致させる
「時間指定」をするしかありません。
どんなに意思の疎通が出来ている最上位ギルドであっても
これなしに、確保をしていくのは不可能です。

Case.4 何も言わずにその場から離れる人、留まる人が分かっている
例えばサイドで、残り1つの鉱床の時。
1.誰が割るべきなのか?
2.誰が鉱床確保するべきなのか?
3.誰が敵の迎撃をするべきなのか?
4.誰がサイド反転して逆サイドを先行するべきなのか?
5.誰が中央に合流すべきなのか?
サイドだけでもこれだけの役割の分岐があります。
もっとざっくりと大きく分けると、
誰が鉱床を確保して、それ以外の人はどうするべきなのか?
回答例としては、上から順に(これが一番良い正答ではありません。)
1.敵が居なければ防衛枚数分の人数、割る力がある人
2.クリホル
3.クリホル以外の火力のある人1ターンで倒せる人数
4.足の早い人
5.足の遅い人

例外もあります。
例えば残り1つの鉱床を残して、敵が4,5人こちらのクリホルを狙ってやってきた。
ならクリホル逃げちゃいましょう。
残り1つは、クリなしか低クリの人が確保して、逃げられれば逃げましょう。


Case.5 何も言わずに誰が、いつ、迎撃をするべきか分かっている
Case.6 本隊と逆のサイドを1人で攻めていない
これが今回の記事を書きたいと思ったことです。
迎撃や遊撃は、基本的なクリスタル量を確保できているチームだけがやっていいこと、です。
なぜなら迎撃や遊撃は基本+でクリスタル量を増やしていく行動だからです。
いくら迎撃や遊撃が上手くいっても、
自陣側のとるべき鉱床が取れていなければ負けます、と言いたい^^
基本+で勝ちをより確実にするための方法なのです。
例えば、
本隊がハイエナされているのに単騎で迎撃をしても一切何の効果もありません
あなたのやっていることは無駄無駄無駄ry
と、声を大にして言えます。
また例えば、
競って、敵の1000鉱床をハイエナしたり敵を攻撃したりして、
結局自陣の1000がハイエナされてしまった。
のでは単なる1000鉱床の交換です。
あなたがハイエナをしにいかず時間指定に参加していたら
自陣1000は確保できていたのではないですか?
1000鉱床の交換ほど無駄なことはないと思います。

Case.7 暗殺をする
これは基本は、Case.6と7と考え方が一緒です。
ただ例外があります。
断トツで負けている時とか、敵が断トツで1位の時。
上のチームのクリホルを暗殺することでひっくり返ることもあります。
なんせ終盤は鉱床も二桁しか残っておらず枯れ枯れです。
そこにきて1200クリホルを倒すことによる効果は
言わなくても分かりますね^^


今回書いたことは、あくまでも基本です。
上手くなっていくと、これだけでは勝てないことが分かってくると思います。
でも応用は基本が出来てからです。

野球を知っている人は
なぜピッチャーは最初にストレートを学ぶのか、
なぜフォークやカーブは後なのか
に当てはめてみましょう。

なぜ、ゲームにはチュートリアルがあるのか?
なぜゲームの熟練者はあんなにもすばやく無駄のない動きが出来るのか?

もう一度考えてみてはどうでしょうか。
スポンサーサイト

モンスタードラゴンの攻略 8 

配置別攻略 6 (2012/10/07時点)

細かい考え方は全て「基本配置」のほうに書いてあります。

今回は別の配置の流れだけ説明します。

※わたしの勝手な考えなので、モンドラの定石の流れからは離れています。

ZseNMiRR.png

今回も自陣は黒、サイドは東と仮定します。
西は逆の順序になります。


中央本隊の流れ
NN1→C1→C2→N4組と合流後C4
NN1→NN2→N4→C2組と合流後C4

遊撃部隊の流れ
N1→N2→中央と合流

各クリホルの流れ
C1クリホル→N1→サイド
C2クリホル→N2→サイド
N4クリホル→サイド

C1からN1までを安全に回収するために、NN1だけ集中して
落としてしまいます。
中央はそこで、C1とNN2に別れ行動。
中央NPCで遅れるとNPC回収がハイエナ等で狙われ、
つらいんじゃないかと思われるかもしれませんが、
他国も条件は一緒です。
ほぼ99%の国は、NPCを先に落としています。

しかもNN2からC1付近は射程範囲外なのでNN1を倒してしまえば、
安全にC1を回収できます。

モンスタードラゴンの攻略 7 

配置別攻略 5 (2012/10/07時点)

細かい考え方は全て「基本配置」のほうに書いてあります。

今回は別の配置の流れだけ説明します。

※わたしの勝手な考えなので、モンドラの定石の流れからは離れています。

ZbhNv9i8.png

今回も自陣は黒、サイドは東と仮定します。

西の場合は基本配置と同じ順序になります。


中央本隊の流れ
C1→C2→N4→C4

遊撃部隊の流れ
N1→N2→NN1→S8→中央と合流

各クリホルの流れ
C1クリホル→N1→サイド
C2クリホル→N2→サイド
N4クリホル→サイド

サイドの流れ
NN1→NN2→NN3→S5・S6・S7

しに戻りの流れ
NN2→NN3 もしくは 遊撃部隊と合流

遊撃部隊をサイドNPC要因に回すことでサイド回収のスピードアップを図ります。
そのほかは基本配置と変わりません。
中央は、C1とC2を取られるのは確実なので取らせます。
が、青がC2・C4、赤がC1・C3を取らないようグダる必要があります。
それさえクリアしている限り、NPCとサイド回収に全力を注ぎます。

逆に西を攻めるときには、
中央に力を注いで1ターンでも早く反転できるよう努めます。
クリなし低クリは、東ではサイドをやったけど西では中央へ行こう、
という柔軟な意識が必要です。

モンスタードラゴンの攻略 6 

配置別攻略 4 (2012/10/07時点)

細かい考え方は全て「基本配置」のほうに書いてあります。

今回は別の配置の流れだけ説明します。

※わたしの勝手な考えなので、モンドラの定石の流れからは離れています。

BY9N81ss.png

今回も自陣は黒、サイドは東と仮定します。
西の場合は全て逆の順序になります。


中央本隊の流れ
C1→C2→N4(CC2組と合流後C4)
C1→C2→CC2→N2もしくはSS2の援護(N4組と合流後C4)

遊撃部隊の流れ
N1→N2→SS2→中央と合流

各クリホルの流れ
C1クリホル→N1→サイド
C2クリホル→N2→サイド
N4クリホル→サイド

基本配置とほぼ同様です。
中央とNPCに400c鉱床が2個あるので、
それを中央から分離した部隊が担当します。
当然ですが優先するのは中央1000とNPC3つの回収です。
CC2とSS2を犠牲にしてもN1、N2、N4は回収します。

モンスタードラゴンの攻略 5 

配置別攻略 3 (2012/10/07時点)

細かい考え方は全て「基本配置」のほうに書いてあります。

今回は別の配置の流れだけ説明します。

※わたしの勝手な考えなので、モンドラの定石の流れからは離れています。

BEzN7o8CI.png

今回も自陣は黒、サイドは東と仮定します。
西の場合は全て逆の順序になります。


中央本隊の流れ
C1→NN1→C2→N4

遊撃部隊の流れ
N1→N2→中央と合流

各クリホルの流れ
C1クリホル→N1→サイド
C2クリホル→N2→サイド
N4クリホル→サイド

中央本隊は、C1とNN1共に1ターン撃破、C2が時間指定です。
NN1よりもC1を先の撃破するのは青がNN2をやっている間に
N1を安全に取るためです。
スピーディに進めるため、1ターン撃破は大切です。

CC1は敵の動きにあわせます。
いざ狙うときはこれまで同様、
目の前の小さい鉱床をいったんやめてCC1を狙うべきです。

開幕中央100の後に狙うチームも時々ありますが、
開幕は防衛+攻撃でAPが減った状態にあるので連携が取りにくいです。
本気で狙おうとするとN3、N4を捨てないといけなくなるので、
敵がきたら「取られる前に取る」くらいでいいと思います。

モンスタードラゴンの攻略 4 

配置別攻略 2 (2012/10/07時点)

細かい考え方は全て「基本配置」のほうに書いてあります。

今回は別の配置の流れだけ説明します。

※わたしの勝手な考えなので、モンドラの定石の流れからは離れています。

配置2

今回も自陣は黒、サイドは両方説明します。


Case 東サイド

中央本隊の流れ
C2→CC1→N4→合流後C4
C2→C1→C4(途中でN4組と合流)

遊撃部隊の流れ
N2→N1→中央と合流

各クリホルの流れ
C2クリホル→N2→サイド
C1クリホル→N1→サイド
N4クリホル→サイド

中央本隊はC2の後、二手に分かれます。
通常の中央回収と同じように動けば問題ありません。

基本配置と違うのは、C2をとった後普通の中央回収と同じように
二手に分かれるということ。
正直N4は取るのが厳しいですが、敵がN4放置であれば必ず取れます。


Case 西サイド

中央本隊の流れ
C2→CC1→C3(途中でN3組と合流)
C2→C1→N3→合流後C3

遊撃部隊の流れ
N2→N1→中央と合流

各クリホルの流れ
C2クリホル→N2→サイド
C1クリホル→N1→サイド
N3クリホル→サイド

東サイドと逆になるのは中央。
CC1組が敵の中央を塗り返し、C1組が敵側NPCを回収します。



どちらの場合もNN1は敵の進捗でかわりますが、
例えば、緑が合流時にNN1を狙っていたらC3は後回しにして
即時間指定をしたほうがいいです。

考え方は基本配置の記事に載ってます。

この配置はうまく行けば、中央の鉱床ひとつと、NPC3つ確保できます。
格上の相手とも対等に渡り合えるでしょう。

モンスタードラゴンの攻略 3 

今回は、配置別攻略 (2012/10/07時点)

モンドラは鉱床配置によって、戦い方が代わってくるゲーム。

NPCって強いよね(´・ω・`)

最初ということで基本配置を見てみよう

配置1


これですね。
黒を自陣と仮定して話をします。
各鉱床にナンバリングをしたので覚えてください。

特別NPCが多いわけでもないので、脅威ではないですが…
以前の記事でも書いたとおり、いかにNPCを確保できるか
それによって勝敗の綱引きがされます。
もちろんサイドは両サイド塗った上でのお話。
(とは言え、NPC確保が出来ていれば片サイド塗れていなくても
勝てる可能性は十二分にありますが。)

開幕NPC3つを確保するにはどう攻めるのが良いか解説していきます。
抜け目なくあらゆるケースを説明するので、誰がどういう動きをするのか
非常な煩雑な説明になります。
よく把握しながら読み進めてください。

モンドラはフォートレスの性能によって移動速度が違うので
開幕から中央を目指すと自然に戦国の時代にも使われていた
偃月(えんげつ)の陣形に近い形になります。
それに遊撃部隊を組みます。
3名いれば十分でしょう。ゼロムスがいれば1名。

サイドが東に決定した場合。
本隊はC1を攻めます。C2を両立させるためによくC1,C2同時に
攻める光景を見ますが、いったん本隊全力でC1を落とします。
1ターン撃破が理想でしょう。
遊撃部隊は、N1の防衛を割ります。かつ削っておくのが理想です。

C1を落としたら、C1のクリホルがN1を回収します。
遊撃部隊はクリホルの援護をしましょう、
ここで青がクリホルを狙ってくる可能性もありますが、
現状のモンドラの戦況であれば、その可能性も低く、
現実的なやり方といえます。
しかし、NPCの防衛が割れなくて時間がかかってしまうこともあります。
その場合中央本隊から2名ほどN1へいって時間指定で確保します。


N1に落とされた死に戻りがいたら、その人はN2へ先行します。
C1のクリホル(あるいはN1クリホルも)はN1回収後、東サイドへ走ります。
遊撃部隊はN2へ向かいましょう

中央本隊はC2を時間指定で確保します。
赤がC4,C6どちら側からとるか分かりませんが
C4→C6の順であれば、やりやすくなります。
タイミング的に赤の本隊はC6にいるからです。
赤がサイド北確定であればその可能性も高まります。

C2のクリホルはN2へ向かいます。
(遊撃部隊がゼロムスの場合1人なので中央から3名工面するか
しに戻りとC2クリホルが合流します。)
N2を遊撃部隊に割ってもらい確保しますが、
時間がかかってしまい赤にハイエナされる可能性があるときは、
時間指定で確保してしまいましょう。
その後C2とN2クリホルはサイドへ向かいます。

中央本隊は、C2確保後すぐさまN4へ向かいます。
普通の流れであれば、赤を押し返しC4を塗り返すのが
現在のモンドラの定石でしょう。

N4直行させる理由は、
C4は既に赤が取っており、赤に取られる心配がないということ、
C2はいずれ赤に取られてしまう鉱床であり、今守る必要がないということ。
が上げられます。それであればまだ白い、クリスタル量が高い
N4を落とします。
戦場を見ているとこの段階で赤がN4を気にしている様子は
あまりありません。
なぜなら上記のとおり、中央を塗り返してからNPCを取ろうとする真理が
現在のモンドラにははたらいているからです。
敵の本隊がいる側のNPCであればなおさらです。

(しかし、敵の動きが良かったりゼロムスがある場合、私達がそうしたように
敵も開幕N4確保を行うかもしれません。
そうしたら赤を押し返しC4、N4の順に塗ればよいです。)

敵はおそらくpvpかC2を狙ってくるでしょう。
そこをついて中央本隊はN4を時間指定で確保します。
N4クリホルはサイドへ向かいます。

サイドの割りのために向かっていた数名は、赤が近くにいない状態であれば
中央本隊と合流してください。
下手をするとクリホルが5人いる状態(通常は3人)になるので、
無駄なサイドの戦力を増やさないように努めます。

気付いた人もいるかもしれませんが、
青と赤がハイエナやクリホルを狙ってこない限り
ここまでで一度もpvpをしない可能性もあります。
こちらに飛び込んでくる敵が居なければ、ですが。
敵を倒しC3やC4を塗りたくなる気持ちも分かりますが。
どうせ塗られた鉱床、その敵にはもう塗ることが出来ませんし
例えば青がC4を狙うにしても赤の迎撃もあり
落とすには結構な人数が必要になるので現実的ではありません。
どうせ後で塗り返す鉱床、後でやればいいのです。
敵のクリホル500を狙う必要もありません。
見てください、あなたの目の前には800ものクリを持つ
NPCが聳え立ってるではありませんか。
開幕はとにかく保有量を高めることに努めるのです。
塗り返しはその後からでも十分。
敵やNPCの攻撃によってN4を攻める人数は下手をすると
5,6人になっているかもしれません。
それをもぎ取るのです。
とにかく確保さえして逃げ切れれば、それからでも中央は立て直せます。
唯一、万が一中央挟撃をくらってしまうと非常に厳しくなりますが・・・。


さて話を戻します。
ここまでの流れはこうです。
C1→C2→N4
C1→N1→N2
本隊と遊撃部隊がこのルートをなぞりながら、クリホルはぶらり途中下車します。
時間指定を使って、躊躇することなく回収していきます。
敵が来てもとにかく取って逃げ切るのが理想です。
なぜなら開幕のこのタイミングでのNPCを取ったクリホルを
敵が襲ってくる人数などたかが知れてるのです。
まず、回収してそれから援護しても間に合うことが多いのです。
でなくてもやられたとしても200はこちらのもの、敵も200でドローです。
はじめからN4などのNPCを取られてしまうよりも、何万倍もマシ。

中央本隊、遊撃部隊、死に戻りは中央で合流します。
赤を押し返し、C4を塗り返しましょう。
その後は、サイドが塗りを終えるまで赤のサイド暗殺に注意しながら
青を手前から切り崩していきます。

反転になったらいつものように攻めると良いでしょう。
西を攻めるときも青がサイド迎撃しない限りは
できるだけクリホルのみで回収していきます。
とにかくN3、C3まで中央戦力を集中させましょう。
なぜなら中央反転を遅れてしまうと終盤N4まで塗り返せないからです。
とにかくスピードが重要です。
そのために青押し、赤押しの際は前線をはり戦力を集中させないと
実現できません。





こうすることで、自軍の保有量は増え、守りきれれば勝ちが濃厚になってきます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。